初心者でも分かる降圧薬の特徴

初心者でも分かる降圧薬の特徴

降圧薬は高血圧を改善することができる薬です。降圧薬にも種類がありますし作用も異なります。こちらでは降圧薬の特徴や服用を続けることによって体へどのような負担がかかるかを伝えていきます。

日本には6種類の降圧薬がある

日本で現在処方されている降圧剤は、全部で6種類です。最もメジャーなのがカルシウム拮抗薬です。血管の中にある血管平滑筋にカルシウムイオンが侵入すると、筋肉の収縮が起きて血圧を上昇させます。
そこでこの薬はカルシウムイオンを阻害することで、降圧作用を発揮します。薬の効果が強く出過ぎるという理由で、グレープフルーツを食べるのが禁止されます。
アンギオテンシンII受容体拮抗薬は、血圧を上げるアンギオテンシンIIの作用を抑制することで、血圧を下げます。降圧剤の中では比較的副作用が少ないです。ACE阻害薬は、アンギオテンシンIをアンギオテンシンIIに変換する酵素ACEを阻害します。
若い女性を中心に空咳が出るといった副作用が報告されています。利尿薬は、長い間降圧剤として使われています。特に海外で使われることが多く、価格が安いので日本での広い普及が期待できる薬です。
排尿を誘発することで、尿と一緒にナトリウムを排出させるので、血圧が低くなります。しかし食塩非感受性というナトリウムの影響を受けないで高血圧になる人がいるので、その場合はこの薬は効果がありません。
低カリウム症を引き起こす可能性があり、筋肉の衰えや痙攣、便秘が懸念されています。β遮断薬は、緊張やストレスによって分泌されるカテコールアミンというホルモンが結合するβ受容体を遮断します。
心臓から送られる血液量が減るため、交感神経が抑制されて血圧も下がります。α遮断薬は、カテコールアミンのもう一つの受容体であるα受容体に作用します。血管の収縮が抑えられる薬で、早朝高血圧の治療で用いられます。
β遮断薬は喘息の悪化、α遮断薬は起立性低血圧といった副作用があるので、あまり処方されません。

降圧薬の主な特徴

日本においては高血圧患者が成人の30%以上を占めるようになっており、国民的な疾患の一つとしての様相を呈してきています。高血圧は目立った自覚症状を伴わずに進行することも多いため、医療機関にかかっていない潜在的な患者を含めると半数近くに及ぶのではないかとも考えられている疾患です。
自覚症状こそ顕著ではないものの、合併症のリスクが高いことから早期発見、早期治療が求められるのが高血圧であり、定期的に血圧検査を行うことが求められるようになっています。
その治療に用いられるのが降圧薬です。降圧薬には多数の種類が知られていますが、共通して言える特徴は血圧を低下させることによって高血圧による合併症の発症を予防することができるということです。
カルシウム拮抗薬、利尿剤、β遮断薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシン2受容体拮抗薬など、作用するメカニズムの違いによって分類がなされていますが、最終的に降圧をもたらす作用は血管拡張や余分な水分の排出であるというのが一般的です。
血中の薬物濃度に比例して効果が高まるというのも全体として共通しています。しかし、降圧薬として用いられるためには血圧を下げる効果だけでは不十分であり、持続的に効果があることが必要とされます。
高血圧患者の血圧を一日を通じて正常な状態に維持しなければならないからであり、一日に一回の服用で良いといような長時間作用型のものが多いのが特徴となっています。
高血圧は自覚症状がないことが多いため、飲み忘れをするケースも多いことから、服用回数が少なくても効果が持続できるということが重視されて開発が行われてきているのです。こういった点が多くの降圧薬に共通する特徴となっています。

降圧薬を継続服用すると認知症になるのか?

認知症は何らかの原因によって、脳の神経細胞が破壊されてしまったり、劣化することなどによって発症します。これを防ぐためには、ひとつには脳の神経細胞が活発に働くことができるよう、脳の血流がスムーズな状態を保ち、きちんと脳に栄養を届けることが必要です。
ところで血圧を下げるための降圧剤には、血液を全身に送り出す心臓のポンプ機能の強さを穏やかにする作用を持ったものや、血管の収縮を抑制しかわりに血管を拡張させ、血の流れを穏やかにする作用を持ったものがあります。
こうした作用によって、高すぎる血圧を下げると言うわけです。高血圧は心疾患や脳血管疾患などの発症リスクを高める要因です。そして脳血管疾患は脳血管にダメージを与えるため、脳血管性認知症を発症させる要因とも言えます。
ですから、降圧剤を使用して血圧を調整することは非常に重要なことです。ただし降圧剤の作用によって、全身に送り出される血液の量が低下する、それによって脳に供給される血液や酸素の量も低下するため、脳の神経細胞の働きが衰えがちになると言う可能性は否定できません。
そのため降圧剤を長期間使用し続けた人は、そうでない人に比べると多い割合で、将来的に認知症になる可能性が高い状態にあると言う調査結果も出されています。実際、降圧剤を服用している人にとっては、これは少し不安な話題かもしれません。
しかしだからと言って、医師から処方された降圧剤の服用を自己判断で止めるのはNGです。人によっては、脳卒中や狭心症などが発症するおそれもあるためです。
しかし降圧剤は、あくまでも一時的に血圧を下げる作用を持った薬であり、ずっと血圧を安定させ続けるためには、やはり生活習慣の見直しと改善が最も望ましいのも確かなことです。
ですから不安な方は、医師に相談してみるのも方法です。
■降圧薬ならこの薬が値段もお手頃です
コバシル